洋書写真集とアートブックの専門店

No. 10392
深瀬昌久: 私景 / Masahisa Fukase: Private Scenes
5,000円(税込5,500円)

深瀬が生涯にわたり追求した視座を併せもち展開した、その最終地点。深瀬昌久の作家としての集大成と位置付けられる「私景」シリーズ。本書は、展示の形式で二度にわたり発表されたそのプリント群をもとに構成された。1990年に開催された写真展「私景ー旅の便り」には、前年のヨーロッパやインドの旅で撮影された写真に、深瀬自身の身体の一部が写り込む。「ぼく自身被写体であ ることは当然だが、後方との距離のとりかたが面白いので、ときにはぼくの顔な どないほうがいいとも感じるが爐錣っちゃいるけどやめられない瓠(「口絵ノート『私景 ’92』) 片手でカメラを握り自分向きにシャッターを切った写真は、撮影者としての深瀬自身をも対象化し、 「それは手や足だったり顔だったり街のスケッチだったりするが、すべてうつされた物事は自分自身の反映といえる」(「口絵ノート『私景 ー旅の便り』)ことから「私景」と名づけられた。 1992年に開催された「私景 ’92」に含まれる作品群では、銀塩プリントが水彩絵具で着彩されている。写真館を営む一家に生まれた深瀬の写真師としての視座が生かされるとともに、写真の枠組みを逸脱するような激しい筆致が見受けられる。 見る主体と見られる客体との関係、シュルレアリスムへの関心 など、深瀬が生涯にわたり追求した視座を併せもち展開した「私景」。「私景 ’92」の発表を最後に作家活動が途絶えることになった深瀬の、まさに最終地点と言える一冊である。(publisher's description)192p 190x240 135photo ハードカバー 2023 Japanese

「深瀬は自身の家族や妻、あるいは飼い猫といった身近な存在を撮ることから主客未 分とも理解できる写真を数多く手がけた。言うなれば、“黒目”に自身を置きながら “白目”で撮影対象を見つめることから、両者の存在を一枚の写真に重ね表そうとい う視点であるが、ここでは深瀬の立場が“黒目”から“白目”に置き換わるという逆 転現象が生じている。生前、猫と写真を巡る関係を「猫はぼくの40年という人生に影 のようにつきまとってきた存在なのである。影のように─これはまさに写真的ではな いか」と書き残したが、「私景」では、まるで彼のほうが写真につきまとう影のよう である。 」『私景──序文』トモ・コスガ(深瀬昌久アーカイブス ディレクター) より抜粋

掲載のイメージや情報は発売前のリリース情報に基づいて制作する場合があり現物と異なる際は現物を優先させて頂きます。