洋書写真集とアートブックの専門店

No. 9981
奈良原一高: Human Land 人間の土地
10,000円(税込11,000円)

巨匠・奈良原一高が一躍時の人となった伝説の初個展『人間の土地』の作品群をまとめた写真集が、造本を一新し新装版として復刊。明治日本の産業革命遺産として、2015年に世界遺産にも認定された、長崎市沖に浮かぶ周囲1.2劼曚匹量疑佑療隋γ偲隋D名痢Ψ慨賄腓箸盡討个譴襪海療腓砲蓮∈農拘の1960年に狭い島内に約5,000人を越える人々が暮らしており、当時の東京の9倍という脅威の人口密度を誇った。石炭がエネルギー資源とされていた時代、そこに暮らす炭鉱労働者たちとその家族の姿をとらえた第一部「緑なき島」と、1924年の鹿児島・桜島の大噴火により600戸以上あった村の家屋をはじめ3メートルもの鳥居までもが地中に埋まってしまった桜島東部の集落・黒神村を取り上げる「火の山の麓」の二部構成で本作品集はまとめられている。いずれも過酷な環境下で生きる人々の力強い姿がストレートに捉えられており、奈良原自身初となった1956年銀座松島ギャラリーでの個展、その約30年後の1987年にリブロポートより刊行された写真集は、ともに大きな反響を呼んだ。隔絶された二つの場所に近代日本の閉塞感をも象徴させ、どこか心象的とも取れる作品群は、日本写真史の中で“パーソナル・ドキュメント”として確立され、以降の活動にもつながっていく。特に第一部「緑なき島」での記録は、約40年前に無人・廃墟となった端島が稼動していた時代の貴重な生きた資料としても名高く、多くの復刊リクエストを呼んでいる。176p 29x21cm ハードカバー 2022 Japanese

掲載のイメージや情報は発売前のリリース情報に基づいて制作する場合があり現物と異なる際は現物を優先させて頂きます。